婦人

健康な体を維持するために|血糖値を適正に保つ方法

便秘を解消して健やかに

栄養補助食品

腸の蠕動運動を促します

便秘薬の特徴は、大腸の蠕動運動を促す作用があることです。便は、大腸の活動によって肛門に押し出されていきます。しかし、その大腸の動きが鈍いとうまく便を排出できません。その結果、大腸に便が滞留して、便秘に陥ります。そこで、便秘薬は腸の働きを活発化させる成分を配合しています。それによって、滞まった便をスムーズに体外に出せます。数ある便秘薬の中で、最も評価が高いタイプは、効き目がソフトな商品です。穏やかな効き目なので、腹痛や下痢を引き起こす心配がありません。また、症状によって服用量を調節できる商品もあります。たとえば、軽度の便秘なら1粒、何日も便通がないなら2,3錠というように、自分の身体に合わせて服用量を変えられる点が魅力的です。

妊娠期や授乳期には注意

便秘薬を使用する際は、妊娠期や授乳期における服用に関することを把握しておきましょう。妊娠中は、母親が口にしたすべてのものの成分が胎盤を通して胎児にも移行します。それは、薬に関しても同様です。そのため、胎児に影響しない便秘薬を選ぶ必要があります。とくに、妊婦にはマグネシウムの便秘薬がおすすめです。マグネシウムは、大腸に水分を集めて、便通を良くする作用があります。また、授乳期に便秘薬を飲むと、母乳を介して便秘薬の成分が赤ちゃんに届いて下痢を起こす場合があります。よって、授乳期には漢方薬がおすすめです。漢方薬は、生薬から生成されているので、自然な便通が得られます。授乳期の女性に最も売れているタイプは、不安や疲労感など精神面に効く漢方薬です。